YASMEEN ヤスミン 店長日誌YASMEEN ヤスミンの商品についてや、本社のあるスリランカでの仕事について書き綴っております。そのほか店長の自転車旅行記、インド映画などなど様々な話題について。

| VIEW | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
インド Madhuri Dixitマードゥリーディークシトとジンジャーティー
madhuri87.jpg
Madhuri Dixitマードゥリー ディークシトという名前を聞いて誰だかすぐにわかる人は
インド映画通か、インド或いはインド周辺国に長く住んでいる人だと思います。
日本に来ているインド人もネパール人もパキスタン人もスリランカ人も
「マードゥリー ディークシトのファンです」と言えばきっと顔に笑みがこぼれます。
何しろ映画に全く興味のないうちの社長でさえもが「マードゥリーは踊りでまず有名になったんだよ。プロだよ」と評したほどですからその知名度は推して知るべし。
ヒンドゥー映画界のスーパースターであり、今年、実に6年ぶりに映画界に復帰して
11/30に新作「Aaja Nachle」が公開されました。

動画配信サイトのyoutubeでは、新作のトレイラー発表以後、ファンが熱狂してお祭り騒ぎと
化しており、さながら干からびた土地に一気に水が撒かれたような雰囲気です。
日本では全くと言ってよいほど知名度のない彼女ですが、ファンは確実に存在していて
きっとカレンダーの11/30のところにマルを付けていた人も多いはず。
私も、ヤスミンの準備と爆弾事件さえなければ映画館に突進していたのですが、スリランカで
公開されているのかどうかはまだ分かりません。

84年のデビュー以来、地道に定型的な役をやりながらキャリアを積み、88年の大ヒット、
90年代のメガブレイクを経て、90年代後半にはちょっと太ってしまったこともあって人気と
評価に冷淡さが見られるようになり、演技はますます磨きがかかっているのに外見のこと
がずいぶんうるさく言われ、99年、アメリカのNRIとの電撃結婚を契機に出演数が減り、
2002年の「DEVDAS」を最後に家庭を優先させるために映画界から姿を消してしまいました。
madhuri186.jpg

マードゥリーが居なくなってもムンバイの映画界は毎年、話題作・大ヒット作を生み続け特に彼女を必要としない空気が浸透していましたが、新しく活躍する女優の中には子どものころから彼女の踊りを見て真似していたとか、大ファンだと公言する人もいてマードゥリーの名前が消えてしまうことはなく、さながら生きる伝説になっていた彼女。一方 例え今 彼女が復帰しても、
もう映画界は大きく変わっていて昔の俳優である彼女は活躍できないかもしれないと、どこかで思われてもいたようです。

俳優たちがゴシップや事件で世間を賑わせたり、神々の場所であった映画が普通の人々に占領され始めている状況に「昔の映画のほうが面白かったね」という声があちこちから聞かれるようになってきます。2005年のフィルムフェアーに請われて突然舞ったマードゥリーは当日インフルエンザにかかっていたらしく、べストの出来ではなかったものの美しさと踊りの表現力は昔のままで、このときの映画製作者たちの受けた印象が今年の復帰の布石になったとも言われています。
フィルムフェアーの舞台の彼女と今年の彼女は、別人のように違っていますが体重をかなり落としたことが一番の変化でしょう。体が軽くなったことで20代前半の頃を凌ぐほどのスピードと彼女の持ち味の一つである直観的に敏捷な動きが戻ったようです。

先日、とてもお世話になっている方からEメールでジンジャーティーについての効能のお話を聞かせていただき興味深かったのですが、はたと思いだしたのがマードゥリーのことで 舞台前にインフルエンザにかかって苦しんでいるときに、アイシュワリヤー・ラーイがマードゥリーの好物のジンジャティーを届けさせ、そのお陰で体がずいぶん楽になったというインタビューを読んだことがあります。

紅茶に生姜をすって入れ、黒砂糖やはちみつ、ミルクなど入れて 一日三回飲むと体温が上がり体調にとても良いのだとか。
さらにEメールでのご報告には、毎日ジンジャーティーを飲んでいたら3kg痩せたとあって「3kg」というリアルな数字に軽い衝撃を覚えました。

マードゥリーが痩せたのは弛まぬエクササイズと食事節制のためでしょうが、ジンジャティーの効能がなにやら気になります。
マードゥリーの今年の映画のなかで見せるダンスパフォーマンスの凄さと体のキレはyoutubeなどでご覧になってください。

今年40歳で2児の母、偉大なりMadhuri Dixit!!

madhuri%20dixit.jpg

yasmeen2.gif
ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ