YASMEEN ヤスミン 店長日誌YASMEEN ヤスミンの商品についてや、本社のあるスリランカでの仕事について書き綴っております。そのほか店長の自転車旅行記、インド映画などなど様々な話題について。

| VIEW | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
スリランカ 真夜中の猫の出産
3か月まえごろから、私の事務所兼自宅に小さな女の子の野良猫がやってきていて
鶏肉の食べ残しなどをあげているうちに なつくようになりました。
最初に会ったころの彼女は、オスの大きな猫2匹にストーキングされて露骨に嫌がっており威嚇して追い払っていましたが、ほんとにいつのまにか、おっぱいが大きくなって妊娠していました。この国では誰も保健所に連れて行くまいから、子供ができても大丈夫だねと思っていたのですが、獣医もいない?ので本当に妊娠かどうなのかわからなかったのでした。
ただ太っただけかも。とも思っていましたが、やたら眠るようになり、すごく甘えるようになって、以前のように俊敏ではなくなっていたのでどうも可能性濃厚だあなと。
ただいつまでたってもそんなにお腹も大きくならないし、外見に変化ないので様子を見ながら放って置いたのでした。

昨日夕方、ごはんの後から姿が見えなくなり(半日以上は外で過ごしますが)夜になっても居ないなと思っていたら、部屋の片づけものをしてる時に鳴き声が部屋のどこかから聞こえてきて「どこ?どこ?」と声に出して探していると 暗く狭い棚の奥に入り込んでじっとしてました。おどおどしていて、首が揺れていて様子が変だったので、抱いて外に
出そうとしたら踏ん張って出てきません。
「どうしたの?」と声をかけて撫でると耳の後ろに違和感があって血がこびりついているような跡がありました。どこかの猫と喧嘩して負けておびえているのではと思い、ひっぱりだして抱きかかえると、股の所がぬれていて足の間から黒いものが出かかっていました。声にならない声をあげて、床に猫をそっと置くと彼女はよたよた、また元の棚の奥に入っていき 短く鳴き始めました。

離れたところからじっと見守っていると、鳴き声がやんでうずくまって何かを一生懸命舐めていました。
猫の出産サイトを急いで開いて、胎盤を食べた後の猫は子供を必死に舐めて産声をあげさせようとするとあったので、心の中でがんばれがんばれと祈りながら子供が泣くのを待っていました。でも2時間以上過ぎても、何も声が聞こえません。
自分が抱いたせいで子供が死んでいたらどうしよう、と大変怖く、しかし後悔先に立たずで祈るしかなかったのですが、舐めつづけていると、なにかほんの小さくピィとか ミィとかそんな感じで声が聞こえて、暗がりの奥で小さい黒いものが彼女の体のそばで動くのが見えました。

命の誕生にひどく感動してしまいました。

母猫のストレスにならないよう、その晩はもうそっとしておき、翌朝すぐに鶏肉をあげると棚から出てきてがつがつ食べて、水をたくさん飲んでいました。朝にはもう明りで子猫が確認できて、生まれたのは1匹だけというのもわかりました。ずっとお母さんのおっぱいを飲んでいて、目がまだ開いていない様子。

neko.jpg neko2.jpg

子猫を触っても怒らなかったので写真を撮らせてもらいました。
neko3.jpg 良く頑張ったね、おつかれさま。

今日は、スリランカ北部の戦闘の影響からか、爆弾テロが頻発しているらしいのですが、「タミルの虎より うちの猫だよ」とスーパーに手羽先を買いに行きました。


yasmeen2.gif

人気ホームページランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ FC2 Blog Ranking
あなたのひと押しで元気もらいます!