YASMEEN ヤスミン 店長日誌YASMEEN ヤスミンの商品についてや、本社のあるスリランカでの仕事について書き綴っております。そのほか店長の自転車旅行記、インド映画などなど様々な話題について。

| VIEW | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
スリランカ コロンボの地価・物価上昇
先週の日曜にキトゥル・ハニーを製造・ピックアップしに日帰りでコトゥマーレまで行ってきたときのことですが、車内で読んだ新聞の見出しに「スリランカの地価は100%上昇する」とあって朝から少々憂鬱になりました。
100%上昇というのが、「絶対上がる」なのか「上昇率100%」なのかはっきりしなかったのですが(後者なら気絶もの)、地価が更に上がるのは間違いないようです。

部屋や家を借りるというのは毎月お金を無くしているようなものなので、もったいないと思い
小さくても家を買いたいのですが、早く行動しないと手が届かなくなりそうです。
1億円というと大金ですがコロンボの地価を考えると、すぐなくなってしまうような金額なので驚きます。

土地だけ買って、自分でレンガを積んで家を造ろうかと一瞬考えたりもしましたが、材料費も上がっているのでそれも大変です。社長のお姉さんがご自分の地所に家を建てているそうなのですが、およそ1年前の見積もり時に400万円強だったものが建てている最中にどんどん材料費が上がり、今800万円になっているらしいです。出来上がる時は1000万程度になっているのではないでしょうか?別に騙されているわけでなく、そのくらいの物価上昇率なので過去のデータは参考になりません。

数か月前、タミール・イーラムに空爆を受けて政府軍の戦闘機が破壊された頃、国会で増税がすぐ決まり500ルピーのお酒が翌日700ルピーになっていてお酒の消費量の多いうちの社長が多大なショックを受けていましたが、物価上昇の大半の原因は税金と原油高です。そのためか、銀行に現地通貨を預けていてもメリットはほとんどないので消費やビジネスに回す人が多いようです。お金の価値が下がっているのと同じなのでたとえ利子が多くついても意味がないのですね。

それでもスリランカは、日本と比較すればまだまだ物価は安く暮らしは楽だと感じます。生活に絶対必要な食費にかかるウエイトが低いからでしょう、食材の安さはいつも非常にありがたく感じています。
スーパーで私がいつも買う赤米が1kg約80円、トマトが1kg50円、ゴトゥコラなどの青菜が一束20円、鶏肉が1kg200円程度。一方輸入食材はとても高くて日本で買うのとさほど変わりません。場所によって変動しますが自炊していけば相当食費は安く済みます。それだけ第一次産業に従事している人たちの暮らしが貧しいということでもありますが・・・

日本のJICA(国際協力機構)のボランティア隊員の女性がすぐそば住んでいるのですが彼らの給与は日本円で月3万円だそうで、最初に聞いた時は 搾取されてるのでは??といぶかったのですが、それが本当に生活資金の全てとのこと。スリランカの都心以外の街にいる隊員は、それでも余って貯金が出来てしまうそうですが、コロンボにいる隊員は3万円で1か月過ごすのはぎりぎりで、切り詰めていてもだいぶ大変のようです。

物件情報の雑誌をめくりながら、憧れとゼロの多さに溜息が出ます。

yasmeen2.gif

人気ホームページランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ FC2 Blog Ranking