Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/weblike.jp-yasmeen/web/blog/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/weblike.jp-yasmeen/web/blog/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/weblike.jp-yasmeen/web/blog/class/View.php:25) in /home/users/1/weblike.jp-yasmeen/web/blog/class/View.php on line 81
YASMEEN ヤスミン 店長日誌::スリランカでインド映画DVDを観る

YASMEEN ヤスミン 店長日誌YASMEEN ヤスミンの商品についてや、本社のあるスリランカでの仕事について書き綴っております。そのほか店長の自転車旅行記、インド映画などなど様々な話題について。

| VIEW | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
スリランカでインド映画DVDを観る
コロンボにはあちこちにDVDショップがあり、私の住む地区にも歩いて数分のところに3件並んでいるのでたまに立ち寄っています。
コピーDVDばかりで画質の良し悪しは買ってみないとわからないので一か八かという感じですが、1枚が200~300円程度なので途中で止まってしまっても「まあいいや」でつい済ませてしまいます。
お店にもよりますが、ラインナップはタミル語映画、ヒンディー語映画、ハリウッド映画、そしてっちょこっとスリランカの映画、香港映画、日本のアニメなどです。
私はほとんどヒンディー映画ばかりですが、ハリウッド映画や香港のカンフー映画も同価格で売られているので、コロンボの観光客の多い地区のDVDショップでは、欧米系の人がハリウッド映画をごっそり買っていったりしてます。

どうもスリランカで製造されているのではなさそうで、在庫を出している段ボールやパッケージを見ると中国語で書かれているので 輸入品なのか?しかし、1枚200円程度ということは輸送代等を考えると割に合うのかなとかスリランカの高い関税はどうなってるんだとか色々気になってしまうのですが、裏のルートとかがあるのかもしれませんね。

自分としては観たい映画は良い画質で楽しみたいのですが、スリランカに住むようになってから今まで正規版DVDを見たことがありません。コピーと言っても時々「これ正規版?」と見まごうものも少なくなくて、ミラ・ナイールの「The Namesake その名にちなんで」などはパッケージの中の紙が意味もわからずUV加工してあって、コピーなのになんでこんないい印刷!?とたまげてしまったものもあります。
namesake.jpg 日本でも公開の映画。面白かったです。監督さんのファンも多いですね

画質も正規版となんら遜色なしというものもあり、今まで30枚くらい買いましたが、1枚はリージョンが合わずに再生出来ず(カーマ・スートラ・・・観たかった)、4枚が途中で止まり、10枚程度が音も画質も正規のものと変わりなく、残りはドットの粗い、そこそこの画質のものでした。アート系の映画のほうが状態が良いものが多くて、人気のある娯楽映画ほど制作年を問わず画質が劣化してる気がします。

インド映画の1981年の名作で「UMRAO JAAN / 踊り子」という 知る人ぞ知る相当有名な映画にもかかわらず大変な画質の良さで、見つけた時は小躍りしたものです。
umrao.jpg UMRAO JAAN 涙無くして見れない名画…

この映画は娯楽大作ではなく、しっとりとした純文学系映画で名女優Rekhaレカー(スリランカの人はレッカと発音)主演の映画です。(そういえば最近アイシュワリヤー主演でリメイクされていましたね)
そのレカーが26年後の去年に主演した「Yatra(日本未公開)」は、DVDショップで仕事帰りとおぼしきOLさんに横から「これは美しい映画よ」と唐突に勧められ勢いで買ったものですが、内容も画質も大当たりで見ず知らずのOLさんに大感謝でした。
yatra.jpg Yatra 文学者役のナナがいつになくおとなしい
音楽と踊りがやけにいいなあと思っていたら あとで批評を読むとUMRAO JAANの時のスタッフが結集したとあって納得。衣装もどこかウムラオの白い衣装を意識したようなデザインで、オールドファンにはたまらん映画でした。

Yatraはムジュラと呼ばれる職業の踊り子と文学者の映画で、ベンガル語で撮影される企画のあった映画ですが、結局ヒンディー語のアート系映画として公開されて、批評家にはかなり高評価だった作品です(観客がいっぱい入ったかは・・・不明)。「レカーは偉大」という言葉がこの映画の後にあちこちの批評で見られて、共演者食いのナナ・パテーカルが主演格で出ているのに、レカーは食われるどころか頭からナナを食べてしまってました。
映像が美しく 夢か現実か定かでないようなアート系映画なので 日本人受けしそう。

DVDショップには映画に超詳しい人が必ずいるもので、こちらがヒンディー映画の題名がうまく発音出来なくても、挿入歌を口ずさめば「ああ、○○ね」とお目当ての映画を引っ張り出してくれたり、マイお勧め映画を教えてくれるのでなかなか楽しいところです。
日本では見る機会の限られている映画が多いので、スリランカにいる間は随分お世話になりそうです。

yasmeen2.gif

人気ホームページランキング にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ FC2 Blog Ranking ポチりとひと押しで気合入ります